お金

お金

【人生で必要なお金は3種類】お金持ちの考え方から学んだ貯め方3ステップ

お金の不安を無くすために必要なのはお金について知る事。生活費や教育費、老後ための貯金も国が用意した制度などを活用することで、効率的に貯めていくことができます。お金持ちほど賢く運用しています。大切なのは、その差を埋めるための知識です。
保険

【窓口は失敗だった理由】保険の見直し|必要なのは手厚い保険や貯蓄型ではなかった

窓口での保険の相談という失敗から、本当に必要な保険を知る事ができました。生命保険、教育費の貯め方、自分なりに考えて選択する大切さ。自分の知識不足が原因で手厚すぎる保険内容になってしまい、自分にとって必要のない保険にまで加入していました。
生活費

【ひとり親としてのふるさと納税】税金の前払いで得られる子供向けの返礼品

ふるさと納税という利用している人は少ない制度。お金についての知識を得る中で当たり前のように出てきます。税金の前払いというメリットの反面、支出もあるので捉え方は人それぞれ。僕の場合は子供たち向けの返礼品を選ぶことで日々の生活に役立てています。
保険

【ひとり親の保険】必要なのは掛け捨ての生命保険だけ!社会保険が助ける7つのリスク

保険で必要な役割は、低確率だけど起きたら大損失になることへの備えです。毎月の給料から引かれている社会保険も、保障されている内容を知る事で必要な民間保険がわかってきます。万が一の時は社会保険を使い、足りない部分を民間保険でカバーするのが重要です。
生活費

【通信費を見直し】格安SIMとドコモ中心の生活を比較した場合の通信費

固定費の見直しをする上で考えるべき通信費。今まで何も考えずに使っていた通信費は、見直すだけで大きな固定費の削減になります。格安SIMにすることで安くなりますが、決してそれだけが正解ということは無く、自分の生活環境に合わせて考えていく事が大切です。
保険

【自動車保険の必要条件】車を手放せない生活の中でできる固定費の見直し

生活費を見直す中で、大きな固定費となる車。しかしひとり親の生活において、車は必要不可欠。そんな中、自動車保険を見直し必要最低限の補償にすることで毎月の固定費を削減。「対人対物無制限、車両保険無し」という選択も、浮いた固定費を貯金に回していざという時に使えるようにという考えからです。
教育費

【教育費の貯め方は3種類】大切なのはインフレ率と確実性を考えること

教育費として貯金していく方法は、預金、保険、投資の3種類です。そして教育費を考えていく上で大切になってくるのは、インフレ率と確実性。教育費として積み立てて、実際に必要となるのは10年以上たってから。その時に必要な金額が手元にあるように考えて計画を立てていく必要があります。
教育費

【つみたてNISAで教育費】ひとり親として学資保険より投資を選んだ理由

親として考える、子供のための教育資金。僕もシングルファザーとなってから、子供のためと貯蓄型の保険での積み立てをしていました。しかしお金について学んだ事で、学資保険や貯蓄型の保険よりもつみたてNISAを活用して、自分で投資をした方が効率が良いことを知りました。
保険

【生命保険の考え方】ひとり親こそ必要な社会保険と最低限の保障で民間保険

ひとり親として考える、万が一の時のための生命保険。しかし毎月の保険料のせいで、日々の生活を考えながら過ごすのは間違っています。僕も保険への考え方を知った事で、本当に必要なのは「公的保険と最低限の保障の掛け捨ての生命保険のみ」ということに気づきました。
お金

【ひとり親こそ必読】お金の不安を解消する両学長の「お金の大学」をレビュー

ひとり親として、毎日の生活を豊かにしたい人にとって読むべき本、リベ大両学長の「お金の大学」。税金や保険などお金について学ぶことで、今までの自分がどれだけ無知だったかに気付きます。そして知識を得る事でこれからの生活を豊かにしていくための行動を学ぶことができます。
タイトルとURLをコピーしました