教育費

教育費

【いくら貯めるべきか】教育費への考え方|自分で整理できるくらい細かく分けて考える

教育費に2000万円~3000万円。いくら貯めるべきかと、この先のお金の不安しかありません。しかし大きな金額だからこそ、自分に整理できるまで細かく分けて考えることで具体的なイメージが持てます。その目標に向かって自分に合った資金調達をしていくだけです。
教育費

【教育費の貯め方は3種類】大切なのはインフレ率と確実性を考えること

教育費として貯金していく方法は、預金、保険、投資の3種類です。そして教育費を考えていく上で大切になってくるのは、インフレ率と確実性。教育費として積み立てて、実際に必要となるのは10年以上たってから。その時に必要な金額が手元にあるように考えて計画を立てていく必要があります。
教育費

【つみたてNISAで教育費】ひとり親として学資保険より投資を選んだ理由

親として考える、子供のための教育資金。僕もシングルファザーとなってから、子供のためと貯蓄型の保険での積み立てをしていました。しかしお金について学んだ事で、学資保険や貯蓄型の保険よりもつみたてNISAを活用して、自分で投資をした方が効率が良いことを知りました。
タイトルとURLをコピーしました