生活

経験

【2020年の振り返り】シングルファザー1年目として経験した不安や学び

シングルファザーとしての2020年を振り返ると、これ以上に無いくらいの経験をしていました。最初は慣れない事ばかりで不安だった生活も、新しい事を子供たちと共に学びながら過ごす事で貴重な経験に。1番大変な1年目を乗り切れたというのが、これからの自信になっていきます。
生活

【ひとり親として初のクリスマス】失敗と経験から学んだ自分たちなりの形

シングルファザーとして初めて子供たちと過ごすクリスマス。子供たちに楽しんでもらおうと考えていても、ひとり親として出来る事への限界も感じました。まずは子供たちと楽しく過ごす事を優先に考え、今の自分にできる範囲で準備。大切なのは毎年の積み重ねです。
生活

【ひとり親としてのメリハリ】休日こそ多いやることを早めに終わらせる工夫

ひとり親として悩ましい休日の過ごし方。平日休みであればやる事も多くなり、自分や子供との時間も限られてきます。朝早く動きだし予定を済ませ、子供と公園へ遊びに行く。忙しいように感じるこの休日のスケジュールも、結果的には自分の時間を作る事ができます。
お出かけ

【2020年】6歳と3歳が幕張のカンドゥーでした仕事体験をレビュー

娘の6歳の誕生日に幕張のカンドゥーで仕事体験をしてきました。3歳の息子がどこまで仕事できるのか不安はあったんですが、早めの予約と事前の計画のおかげでスムーズに楽しむことができました。本格的なお店での仕事体験は、子供たちの新しい面の発見にもなりました。
お出かけ

【5歳3歳と映画館】ひとり親として感じた大変さと予定外のコロナの影響

シングルファザーとして初めての子供たちとの映画館。コロナの影響で鑑賞マナーも変わり、小さい子供でも大丈夫だろうと思っていた部分が思わぬ方向に。それでも時間の余裕や準備のおかげで、子供たちは「映画館での映画」を、親の大変さを横に楽しめたようです。
お出かけ

【2020年】5歳と3歳と行った千葉こどもの国キッズダムのレビュー

千葉にある「千葉子どもの国キッズダム」へ、5歳と3歳を連れて行ってきました。園内が現金払いのみや建物の年期など時代を感じる部分はありましたが、チケット制や本格的なゴーカート、芝生の広場や無料で遊べる遊具など小さい子供でも遊びやすい場所になっています。
経験

【シングルファザーの1日】ひとり親として忙しさを感じないための過ごし方

ひとり親としての忙しい毎日も、時間の使い方や工夫をして忙しさを感じないように過ごすことが大事です。帰宅後も気持ちのスイッチを切らずに、子供たちが寝た後の自分の時間がモチベーション。メリハリをつけた1日の生活リズムが大切になってきます。
お出かけ

【2020年】初心者にもおすすめのケニーズファミリービレッジをレビュー

ケニーズファミリービレッジキャンプ場は、アウトドア初心者にこそおすすめな施設です。テントだけでなくログハウスに泊まることもでき、便利な共有設備も充実。川遊びやマス釣り、あそびの広場など子供が飽きることなく遊べるので、子供のアウトドアデビューにもおすすめです。
お出かけ

【シングルファザーのキャンプ】テントなしで子供たちが自然を感じる経験

ひとり親としてキャンプに行こうと思っても、不慣れな分なかなか踏み切れないです。しかし今では設備の揃った施設も多いです。テントではなくログハウスなどに泊まることで、テントの準備などのハードルも下がります。子供たちの自然の経験としてのキャンプはおすすめです。
お出かけ

【2020年8月】東京あそびマーレで真夏の雪遊びをしてきた感想

子供たちの夏の思い出作りに「東京あそびマーレ」へ遊びに行ってきました。飲食の持ち込み、再入場も可能で、駐車料金も4時間まで無料。真夏に雪遊びという意外性に子供たちも大喜び。スノータウンだけでなく室内遊園地もあるので、遊びに行く価値は十分です。
タイトルとURLをコピーしました