スポンサーリンク

【固定費の見直しで解決】シングルファザーの生活費|子供の教育費も毎月の固定費に

生活費
  • シングルファザーとしての生活費が不安…
  • 生活費を抑えるためにどうすればいい?
  • 子供の教育費まで考えられない…

 

シングルファザーとしての悩みは、生活費や見直しの方法子供の将来のための貯金です。

僕もシングルファザーとして、6歳の娘と3歳の息子の子育て中。

実際に生活をしてきた中で生活費を見直し、固定費を減らすことで生活水準を見直し。

子供のための貯金を考えられるようになったことで、これから先のお金への不安も減らすことができています。

 

この記事の内容

  • シングルファザーとしての必要となるお金の考え方
  • お金の不安を減らしていくための解決方法
  • 不要な固定費を減らし、教育費として貯金

 

この記事では、シングルファザーとしての生活費に悩んでいる人向けに、シングルファザーとしてのお金への考え方
そして実際に生活費を見直す方法子供のための貯金についても紹介。

 

シングルファザーにとって、毎月の生活費や子供の将来のための貯金を考えることは大切になってきます。

そんなお金についての知識を学び、実際に行動をしていくことで、将来のお金への不安を減らしていくことができます。

生活費の見直しで重要なのは、節約ではなく固定費の見直し。

家や車、保険や通信費を見直していくことで、節約よりも大きな成果を得ることができます。

シングルファザーとして、お金への不安を減らして生活していくためには生活水準の見直しは必要。

子供の貯金まで考えられるようになることで、毎日の生活にも気持ちの余裕がでてきます。

 

 

シングルファザーとして必要となるお金の考え方

シングルファザーとしての必要となるお金の考え方

お金についての知識を学ぶことが大切
子供の貯金も固定費で考えて不安を減らす

 

お金についての知識を学ぶことが大切

生活費を見直す上では、シングルファザーとしてお金についての知識を学ぶことが大切になってきます。

僕も「本当の自由を手に入れるお金の大学」からお金について学び、毎日の生活の中でも実践中。

 

  • 生活費を見直し、支出を減らす
  • 資産を減らさないための節税
  • 資産運用でお金を増やす

 

これらの知識を学ぶことで、家計全体の見直しとなってきます。

これから先のシングルファザーとしての生活で、お金の不安を減らしていくことにもつながっていきます。

 

参考記事:【ひとり親こそ必読】お金の不安を解消する両学長の「お金の大学」をレビュー

 

 

子供の貯金も固定費で考えて不安を減らす

シングルファザーの生活費は、決して余裕があるわけではありません。

そんな中で子供への貯金も考えた時に、毎月の生活費の見直しは必須となってきます。

 

  1. 固定費の見直し
  2. 毎月の支出を減らす
  3. 減った分を子供のために資産運用

 

大切になってくるのは、子供のための教育貯金も固定費として考えていくことです。

毎月の固定費を見直し貯金にあてることで、当たり前のように積み立てられていき、お金への心配要素を減らしていくことになります。

 

 

お金の不安を減らしていくための解決方法

お金の不安を減らしていくための解決方法

固定費を見直して、長期的に成果を出す
生活水準を見直して、固定費を減らしていく

 

固定費を見直して、長期的に成果を出す

毎日の生活費の見直しを考えた時に、節約は大きな成果にはならないということを学びました。

「生活費の見直し=節約」というのがイメージ。

しかしそれだけでは、大きな変化は得られない。
やるべきことは、固定費の見直しでした。

固定費というと、家のローンや家賃、車や保険、通信費といった支出です。

毎月かかる固定費を見直すことで、長期的に成果を出していく必要があります。

 

生活水準を見直して、固定費を減らしていく

シングルファザーとして固定費を減らすために必要なのは、生活水準を見直してみることです。

生活に必要な部分を見極めることで、節約よりも大きな成果を得ることが可能。

 

  • 家のローンや家賃
  • 車の必要性や自動車保険
  • 欠かすことのできない通信費
  • 必要最低限の生命保険
  • 教育費の貯め方

 

僕も最初は、シングルファザーだから生活水準を見直すことに抵抗がありました。
今まで通りの生活を送ってみせるという、プライドに思っている部分もありました。

しかし学んでたどり着いた考えは、固定費を減らして得た余裕で、子供たちの教育費に回すことが理想。

シングルファザーとしての生活で、お金の不安を無くすことの意味は大きいです。

 

不要な固定費を減らし、教育費として貯金

不要な固定費を減らし、教育費として貯金

家賃という1番大きな固定費を減らす
車は必要、自動車保険を見直し
間違っていた保険への考え方
子供の教育費も固定費として考えていく

 

家賃という1番大きな固定費を減らす

引っ越しをしたことで、毎月の家賃は1万円以上安くなりました。

家のローンや家賃は、1番大きな固定費になってきます。

家賃が1万円下がるだけでも、積み重なった時の支出の差は大きく変わってきます。

僕の場合はタイミングもあったので、引っ越しを決断。
その結果、家賃も安くなり、家賃をクレジットカード払いできるなどのメリットも得られました。

引っ越しという大きな支出はあったものの、長期的に見れば1番大きな固定費の見直しになりました。

 

参考記事:【ひとり親として引っ越しを決断】これからの生活のための理由や条件と決め手

 

 

車は必要、自動車保険を見直し

自動車保険を見直したことで、年間の保険料が3万円以上安くなりました。

子供たちとの生活において、車は必要不可欠になってきます。

車のローンは残っていないため、車にかかってくる固定費は駐車場代と自動車保険料。

車を手放した方が、駐車場代を含め、固定費を大きく減らす成果になるのは事実。
しかしシングルファザーとして、6歳と3歳の子供2人を相手に車無しの生活はむずかしいです。

そんな生活環境の中で出した見直しポイントは、自動車保険。

自動車保険の会社や、保険の内容を必要なものに見直したことで、大きな固定費の削減になっています。

 

参考記事:【自動車保険の必要条件】車を手放せない生活の中でできる固定費の見直し

 

 

間違っていた保険への考え方

いろいろ入っていた生命保険を、掛け捨ての生命保険だけに。
入って間もなかった学資保険も解約することで、毎月の保険料だけで4万円近くの変化になりました。

1番の原因は、僕の間違った保険への考え方でした。

もしもの時のための「手厚い生命保険」や、子供たちの「教育費として考えていた学資保険」。

しかし本当に必要だったのは、「必要最低限の生命保険」「効率的な教育費の準備」だということに気づけました。

保険貧乏になってまで保険が必要かという考えに気づけたことで、固定費という支出への変化につながりました。

 

参考記事:【ひとり親の保険】必要なのは掛け捨ての生命保険だけ!社会保険が助ける7つのリスク

 

 

子供の教育費も固定費として考えていく

学資保険を解約し、今はつみたてNISAなどの投資で教育費を積み立てています。

いろいろな固定費を見直した結果、毎月の支出にも大きな変化がありました。
その余裕が出た分を教育費として貯金に回すことで、毎月当たり前のように貯金されていきます。

子供のための貯金も固定費に含めて考えることで、必要な支出が明確になり、これから先の教育費についてのお金の不安も軽減されます。

教育費としての貯金について考えるべきは、インフレ。
その結果、僕の場合は普通預金と投資での貯金を選択しました。

シングルファザーのお金の不安となる教育費も、固定費として考えていくことで毎月の支出のひとつとして管理していくことができます。

 

参考記事:【教育費の貯め方は3種類】大切なのはインフレ率と確実性を考えること

 

 

 

シングルファザーの生活費の見直しは、気持ちの余裕に

シングルファザーの生活費の見直しは、気持ちの余裕に

シングルファザーとして、毎月の生活や子供の将来を考えることは重要。

お金について学んでいくことで、生活費への考え方や見直しの方法も変わってきます。

大切なことは、長期的に見て成果の出てくる固定費の見直しで、お金の不安を減らしていくこと。

 

生活費の見直しの方法は節約ではなく、固定費の見直しによる削減になってきます。

家や車、通信費や保険を見直すことで大きな成果を得ることができます。

 

シングルファザーとしての生活費の見直しは、毎日の生活の気持ちの余裕に。

子供の貯金を考えながら気持ちの余裕も持てることで、お金への不安を考えなくてもいい生活になっていきます。

タイトルとURLをコピーしました