スポンサーリンク

【シングルファザーのストレス】大切なのは時間の余裕から来る気持ちの余裕

悩み

 

読者
読者
  • 毎日の子育てで気持ちの余裕がない…
  • イライラする毎日が嫌だ…
  • 何か良い解決策あるのかな?

 

ひとり親として、仕事や子育て、家事に追われる毎日は疲れます。

疲れている時こそ気持ちも不安定。
それがわかっているからこそ、何とかしたいと思っている人は多いです。

 

僕もシングルファザーとして、5歳の娘と2歳の息子の子育て中。

小さい子供たち2人との生活は、思うように進まない毎日です。

ちょっとしたタイミングのズレでも、疲れやストレスになってきます。
そんな悪循環を解消したいと思い、僕なりに原因と対策を考えたりしています。

 

この記事の内容

  • シングルファザーになって知った負担
  • 気持ちの余裕が必要な理由
  • 広い視野で時間と気持ちの余裕

 

この記事では、ひとり親として考える「気持ちが安定しない原因と必要な理由」、そしてそんな悩みを解消するための僕なりの考え方を紹介。

 

子育てにおいて、気持ちの余裕が1番大事になってきます。

自分のペースで物事が進められないなど、ちょっとしたことでイライラしたり、気持ちが不安定になったりします。
そしてそんな時ほど、気持ちが悪循環になってしまいます。

ただそれがわかっていても、止めることがむずかしいです。

 

そんな時こそ、自分だけがと考えないことが重要

子育てしている人はみんな同じような悩みを持っているし、自分だけではないと考えること。

悪い部分にだけ目を向けずに、広い視野で考え、広く情報を得るのが大切です。

僕も毎日の生活に変化を持たせて、時間の余裕を作るようにしています。

時間の余裕ができることで、結果的に気持ちの余裕にもつながってきます。

 

 

シングルファザーになって知った負担

シングルファザーになって知った負担

ひとり親というだけで負担が大きい

シングルファザーになったことで、毎日の生活の大変さを感じています。

仕事や子育てなどの時間的な忙しさ
そして、ひとりで子供を育てていくという責任の重さです。

 

  • 仕事
  • 子育て
  • 保育園
  • 家事
  • 家計の管理

 

これらをひとりでやっていくのは、肉体的な部分と精神的な負担も大きいことを感じています。

 

気持ちの余裕が無くなる

疲れてくることで、気持ちの余裕がなくなってきます。

僕もシングルファザー当初は、毎日の生活のことで頭がいっぱいでした。

特に自分のペースで動けないことが大きいです。
子育てをしていると、子供中心の生活になってしまうので、思うように1日が進みません。

自分の時間が無くなり、自分のやりたいようにできない。
そんな中でもやらなければいけないと…。

こんな疲れやストレスから、気持ちの余裕が無くなっていました。

 

 

気持ちの余裕の大切さ

気持ちの余裕の大切さ

わかっていても悪循環

ひとり親としての疲れやストレスは、どんどんと積み重なっていきます。

そんな時ほど、小さなことでもイライラしてしまいます。

 

  • イライラする
  • 考えすぎてしまう
  • 子供にきつく言ってしまう
  • そんな自分に落ち込む
  • 視野が狭くなる
  • 悪循環が始まる

 

誰が悪いわけではないです。

しかしわかっていても、ちょっとした積み重ねで悪循環になってしまいます。

 

ダメだとわかっているからこそ解決策を

ひとり親として、負担を感じているのは自分だけじゃないと考えるようにしました。

僕の場合、「自分だけが」と思うほど悪い方へ考えてしまっていました。

 

実際は、ひとり親として、シングルファザーとしての負担やストレスはみんな同じです。
子育てをしている親であればみんな同じ。

他の人を知るだけでも、考え方は大きく変わってきます。

同じような悩みを持った人が身近にいなければ、探せばいい。

今はTwitterなどを活用することで、同じような生活環境の人を探すこともできます。
シングルファザーは特にです。

「自分だけが」と考えるのではなく、周りを知る。

その中で解決策は見えてくるので、自分に合った方法で考えていくことが大切です。

 

参考記事:【身近にいないシングルファザー】Twitterで悩みを解決するための適切な距離感

 

 

広い視野で時間と気持ちの余裕

広い視野で時間と気持ちの余裕

視野を広くする意識

子育てやひとり親だという、環境にばかり目を向けないようにすることが重要です。

視野が狭くなることで、見えてくる景色も狭くなります。
それは、得られる情報も少なくなるということ。

広い目で見て、考えることが必要です。

ネット環境を活用をして、他の人の情報を得る。
情報が多いほど、自分に合った解決策を見つけられる可能性が高くなります。

そんな情報を見落とさないためにも、大変な時こそ視野を広くする意識が大切です。

 

時間の余裕からの気持ちの余裕

時間の余裕ができると、気持ちにも余裕ができてきます。

これは、僕が実際にシングルファザーとして生活してきて感じた事です。

時間に追われる毎日ほど、気持ちの余裕がなくなります。

しかし誰でも1日の時間は同じ。
ひとり親の場合、やることが多くても1日の時間は同じです。

そんな毎日の生活を少しでも工夫して、「自分の気持ちに余裕ができる時間を作る」ことを意識しました。

 

時間の余裕を作るために

 

意識的に毎日の生活に時間の余裕を作ることで、時間の余裕が気持ちの余裕につながってきます。

 

 

大切なのは時間の余裕から来る気持ちの余裕 まとめ

大切なのは時間の余裕から来る気持ちの余裕 まとめ

ひとり親としての子育てにおいて、気持ちの余裕が1番大事です。

自分のペースで物事が進められないなどでイライラしたり、気持ちが不安定になったり。
そんな時ほど、気持ちが悪循環になってしまいます。

それがわかっていても、止めることがむずかしいのも事実。

そんな時こそ、「自分だけが」と考えないことが重要になってきます。

 

子育てをしている人はみんな同じような悩みを持っているし、自分だけではない。

悪い部分にだけ目を向けずに、広い視野で考え、広く情報を得るのが大切になってきます。

僕も毎日の生活を工夫して、意識的に時間の余裕を作るようにしています。

時間の余裕ができることで、気持ちも考えも安定してきます。

結果的に、ひとり親としての毎日に気持ちの余裕ができてきます。

タイトルとURLをコピーしました