スポンサーリンク

【子供への離婚の伝え方】経験者として考える3つのポイント|「これから先」が大切

離婚
  • 子供に離婚を伝えなきゃ…
  • でもどうやって話せばいいんだろう…
  • 子供のための伝え方ってあるのかな?

 

離婚を子供に伝える時、子供の気持ちを考えるほど話しづらいものです。

どうやって言えばいいか、何を話せばいいのか、子供への伝え方ほど悩んでしまいます。

 

僕はシングルファザーとして、6歳の娘と3歳の息子の子育て中。

娘が5歳、息子が2歳の時に離婚を経験。

5歳だった娘に離婚を伝える時は、伝え方やタイミングなど、いろいろと考えて話をしました。

 

この記事の内容

  • 子供に離婚を伝える時の3つのポイント
  • 5歳に話した時の伝え方とタイミング
  • 子供に話す時までに考えていたこと

 

この記事では子供への離婚の伝え方で悩む人向けに、大切になってくる3つのポイントを。
また、僕が実際に話す時に考えていた不安伝え方などを紹介。

 

離婚を子供に伝える時に大切なのは、離婚というネガティブな話だけでなく、これからについてのポジティブな話もしてあげることです。

いつ、どのタイミングで、誰が言うのかなどを考え、無計画でいかないことが重要です。

 

子供に離婚を伝える時の3つのポイント

  • 子供が理解できる言葉を選んで話す
  • 事実をありのまま話す時に、悪者はいらない
  • 前向きにこれからの生活について話す

 

言い方や伝え方は、子供の年齢によって変わってきます。

重要になってくるのは、子供が理解できるように伝えること。

離婚という話だけでなく、これから先の生活も明るいというイメージを子供が持てるような話もしてあげるべきです。

 

 

子供に離婚を伝える時の3つのポイント

子供に離婚を伝える時の3つのポイント

子供が理解できる言葉を選んで話す
事実をありのまま話す時に、悪者はいらない
前向きにこれからの生活について話す

 

子供が理解できる言葉を選んで話す

離婚を子供に伝える時に1番大切なのは、子供にちゃんと伝わることです。

これから先のためにも、離婚についてちゃんと理解してもらう必要があるから。

言葉の理解度は、年齢によって大きく変わってくる部分になります。
そんな子供の年齢や理解度に合わせて、言葉を選んでいく必要があります。

 

僕が離婚をした時、子供たちは5歳と2歳でした。

2歳の息子に離婚を伝えるのはむずかしかったため、5歳の娘にだけちゃんと向き合って離婚を伝えました。

5歳の娘に理解できるように、ひとつひとつの言葉を選んで。
ただ「言う」のと、「伝える」のでは言い方ひとつで違ってきます。

離婚というものを、子供に「伝える」ことが1番大切な部分になってきます。

 

事実をありのまま話す時に、悪者はいらない

離婚という事実を、子供にありのまま話すことも大事になってきます。

これから先いっしょに生活していく親として、不都合なことを残さないことも大事です。

だからと言って、両親のどちらか一方を蹴落とすような伝え方や言い方をするのは、子供のためにも好ましくありません。
子供の前で、どちらかを悪者にする必要はないから。

子供にわかる範囲で、離婚という事実や、これからの生活についてなどを話してあげる。

いっしょに生活していく上で困らないように、ありのままを伝えるという義務もあります。

 

前向きにこれからの生活について話す

離婚を子供に伝える時に、これからの生活に対して前向きなイメージを与えることも重要です。

これから先の生活が不安なことを伝えたら、大人以上に子供が不安になってしまいます。

まずは離婚という、ネガティブな事実を伝える必要があります。
その次に、これから先は新しい生活をしていくという、ポジティブに感じられるような言い方も大切です。

そのためには、話す親自身が離婚を受け止めて乗り越え、これから先に気持ちを向けていることが必要。

これから先も前向きな気持ちでいくことを伝えれば、子供も前向きな気持ちで受け止めてくれます。

 

 

5歳に話した時の伝え方とタイミング

5歳に話した時の伝え方とタイミング

5歳にはむずかしかった、離婚という言葉
1番大切なのは、ママがいなくなることを伝えること
5歳に不安を与えないように、これからの話もする

 

5歳にはむずかしかった、離婚という言葉

パパとママは離婚をして、ママがお仕事で遠くに引っ越すことを5歳だった娘に伝えました。

ママとパパは別々の家で暮らすことになること。
娘たちはパパといっしょに今の家で暮らし、保育園も変わらないことを話しました。

僕の場合、ママが引っ越しをする前日にお風呂で娘に離婚の話を。
その方が、ゆっくりと2人で話をできるからという理由です。

「離婚」という言葉は、5歳だった娘にはまだ伝わっていない印象でした。

2人で話ができたことで、娘に伝わるように言葉を選んで話をできたことは、大きかったです。

 

1番大切なのは、ママがいなくなることを伝えること

ママがいっしょの家からいなくなるということを、はっきりと娘に伝えました。

1番大切なことであり、1番言いづらかった部分だからこそ。

その話をした上で、会いたいと言ってくれれば、ママにお願いしてあげられること。
この先ぜったいにママに会えないわけではないことを、ちゃんと伝えるようにしました。

離婚をする親として、ママがいなくなるという1番つらい部分を伝えるのは、避けて通れない部分でした。

 

5歳に不安を与えないように、これからの話もする

話の最後に、離婚後の生活についても娘がわかるように話を続けました。

これから先は、パパと娘、息子の3人で暮らしていくこと。

ママはいなくなるけど、パパと弟はずっと一緒にいることはしっかりと伝えるようにしました。

いっしょにご飯を食べたり、どこかへ遊びに行ったり。
保育園も今まで通り、お友達といっしょだということも。

5歳の娘にわかりやすいように、具体的に伝えるようにしました。
その方が、5歳でも明るいイメージを持つことができるだろうから。

離婚の話を5歳の娘にする時に意識していたのは、これから先の生活に不安を与えないようにすることでした。

 

 

子供に話す時までに考えていたこと

子供に話す時までに考えていたこと

離婚の話を、誰から伝えるべきなのか?

5歳だった娘に、僕の口から離婚の話をすることは決めていました。

離婚することで、いなくなってしまうママから話すことも考えました。

しかしこれからシングルファザーとして生活していくために、娘としっかり向き合って話をする必要があると考えました。

娘の人生にとって、1番大切になってくるタイミング。
だからこそひとり親としての第一歩として、僕から話をすることを決めていました。

 

どのタイミングで話すのが良いのか?

伝える時期にいろいろと悩んだ結果、ママが引っ越しをする前日に話をしました。

次の日が保育園が休みだったこともあり、娘の気持ちの整理のことも考えてその日に。

 

5歳の娘に離婚を伝えるタイミングは、とても悩みました。

  • 離婚が決まってすぐ伝えるのか
  • ママの引っ越し直前に話した方がいいのか
  • 引っ越しが終わってから伝える方がいいか

 

離婚が決まってすぐに伝えた場合、その日までの生活がつらくなってしまうのではないか。
しかし、直前すぎても気持ちの整理が追いつかないかもしれない。
だからと言って、引っ越ししてから伝えるのはかわいそうだし。

いろいろな状況を悩んだ末に、僕の中で娘にとっては1番良いだろうと判断して、前日に伝えることになりました。

 

引っ越し当日はどう過ごすべきか?

ママの引っ越し当日は、外に出ることで娘に意識させないようにしようと考えていました。

目の前でママの引っ越し作業を見ていることほど、つらいことはありません。

娘には、引っ越しのジャマにならないように外で遊んでいようと話をするつもりでした。

 

しかし実際、2020年3月末の日曜日だったのもあり、コロナの影響で東京都は外出自粛要請。

習いごとが終わってから近くのイオンなどで時間をつぶす予定でしたが、さすがに断念しました。

医療従事者という立場だったけれど、この日ばかりは仕方なしと思い、千葉の実家へ日帰りすることにしました。

結果的に、子供たちは楽しく一日を過ごすことができました。
ママの引っ越しを意識することが無かったという点では、娘にとっては良かったのかもしれません。

 

 

今は娘なりに受け止め、前を向いてくれている

娘なりに受け止め、前を向いてくれている

娘に離婚の話をした後の反応は、意外にもあっさりしていました。

それでも、娘なりにちゃんと理解してくれたみたい。

 

  • 「ママ、お仕事がんばってね」
  • 「バイバイ、またね」
  • 「ママ、ちゃんとお引越ししたんだね」

 

引っ越し当日の朝はママに声をかけ、帰って来てスッキリしている家を見て言った言葉です。

少なくとも、娘は現実を受け入れ、前を向いてくれている気がしました。

 

気持ちが不安定な時は、今でもあります。

たまにママを思い出して寂しくなったりする時も。
それでも保育園の先生たちの協力や、娘自身の気持ちの強さでがんばってくれています。

きっと弟もこの先、ママがいないということを気にする時は来ます。
その時も同じようにしっかりと向き合い、息子に伝わるように話をするだけ。

 

そんな子供たちのために、離婚という選択をした親がするべきこと。

子供たちの気持ちを最優先に考えてあげることだと思います。

これから先の生活がネガティブではないことを、いっしょに生活していく中で感じさせてあげることが大切になってきます。

 

参考記事:【子供の気持ち】離婚で不安なのは大人以上|向き合い前向きに考える事が親の責任

 

 

タイトルとURLをコピーしました