スポンサーリンク

【離婚が不幸?】幸せになる人と不幸になる人の違い|どれだけ準備をしているかが大切

離婚
  • 離婚をして幸せになれるのかな…
  • 幸せな人と不幸な人の違いは?
  • 離婚をすると不幸になるイメージしかない…

 

離婚を考えた時、それからのお金や生活を考えるほど不安になってしまいます。

離婚が不幸というイメージから、離婚した方が良いと思っていながら、本当に離婚するべきなのか悩む人も多いです。

 

僕はシングルファザーとして、6歳の娘と3歳の息子の子育て中。

子供たちが5歳と2歳の時に離婚を経験しました。

実際にひとり親として離婚後の生活をしながら、離婚をしたから不幸なのではないと考えるようになれました。

離婚後の生活が幸せかどうか決めるのは、離婚後の生活のためにどれだけ準備をしているかです。

 

 

この記事の内容

  • なれる人
  • なれない人
  • 離婚=不幸というイメージ

 

この記事では、離婚後の生活を大きく変える、幸せになれる人と不幸になる人の違い。

実際に離婚を経験して感じた、離婚が不幸というのはイメージであり、幸せかどうかは自分たちで決められることについて紹介。

 

 

離婚後の生活が幸せになる人と不幸になる人の違いは、どれだけ準備をしているかの違いです。

言った側、言われた側は関係なく、離婚を受け入れ、自分の中で決断をしたかどうかが重要になってきます。

 

  • 自分の決断で離婚することを決めたか?
  • 他人の意見やイメージに判断を流されてないか?
  • 離婚後の生活に向けて準備をして決断したのか?

 

離婚後の生活が不幸というのは、世の中や企業がつけたイメージです。

結婚生活が幸せという反面、離婚をしたら不幸というイメージになってしまっています。

 

離婚後の生活が幸せかどうかは、自分たちが決めること。

それは子供がいる場合も同じで、幸せかどうか決めるのは子供自身です。

勢いでの離婚や、他人からの意見に流された場合、離婚後に後悔をする人が多いのも事実。

新しい生活が幸せか不幸かは、離婚を後悔しているのかという部分が大きくなってきます。

そんな後悔をしないためにも、離婚前から気持ちや生活のための準備をどれだけしているかが、大切になってきます。

 

 

自分で決断し準備をしている人は、幸せになる人

自分で決断し準備をしている人は、幸せになる人

離婚が後悔にならない決断を、自分で決めている
離婚後の生活を考え、気持ちと生活の準備をしている

 

離婚が後悔にならない決断を、自分で決めている

離婚という決断を、自分の判断で決めたかどうかは大きいです。

離婚を言われた側だとしても、離婚を受け入れ、自分の中での決心まで持って行けたかどうかが重要です。

僕の場合は、離婚することを言われた側でした。

言われた直後は、頭の中が真っ白になるくらいの衝撃でした。
しかし子供たちとのこれからの生活のためにも、受け入れ前を向いて考えていくことにしました。

離婚するという決断を、自分で決断できたかでその先の生活は大きく変わってきます。

 

参考記事:【覚悟】シングルファザーとしての不安を受け入れ、開き直る事で得られる新しい生活

 

 

離婚後の生活を考え、気持ちと生活の準備をしている

離婚後に必要となる生活を、どれだけイメージして準備しているかが大切です。

何も考えず離婚をした場合とでは、離婚後の生活における不安が変わってきます。

 

  • お金
  • 仕事
  • 生活
  • 子供との向き合い方

 

これだけ変わってくる環境に対して、どれだけ準備しているかの違いは大きいです。

 

僕の場合は、離婚の決定から期間がありました。

その期間、離婚後の子供たちとの生活の準備を思いつく限りしていました。
お金の面や、子供たちの保育園を含めた生活環境など。

結果的に事前の準備をしていたことで、不安要素の少ない新生活を始めることもできました。

 

離婚後1番大切になってくる、生活にかかわるお金や、子供との向き合い方。

どれだけ準備をしていたかによって、離婚後の生活の毎日の気持ちの余裕が大きく変わってきます。

 

 

 

自分の意思や決断がないのは、不幸になる人

自分の意思や決断がないのは、不幸になる人

自分の意思がなければ、幸せに考えることがむずかしくなる
離婚後の幸せを考えるなら、勢いより準備

 

自分の意思がなければ、幸せに考えることがむずかしくなる

離婚という決断を、自分自身の意思や考えで決めたかどうかは重要です。

 

  • 離婚を言われるがまま受け入れた
  • 他人の助言に流された
  • その場の勢いや流れで決めた

 

僕の場合も、もし離婚をすると言われた時に、自分の意思ではなく流れで受け入れていたら、離婚後の生活は変わっていました。

自分の意思で判断するというのは、現実を受け入れ前を向くことにつながります。
もしそうでなかった場合、離婚後に対して前向きに考えることはできません。

その結果考えていた離婚後の新しい生活とは違ってしまい、離婚をしたことが後悔にもつながって、幸せに考えることがむずかしくなります。

 

離婚後の幸せを考えるなら、勢いより準備

離婚という決断をその時の感情のまま判断してしまうのも、先を考えられていないことになります。

人によっては、感情的に離婚を考えてしまう時もあります。

しかしそこに、自分の意思や考えは反映されていません。
あくまでもその時の感情に流されているだけ。

離婚後の生活を考えているのであれば、そのままの勢いで離婚届を出すことはないはず。

離婚後の生活で不幸を望んでいる人はいません。
だからこそ勢いに任せず、本当に離婚を考えている場合は、用意周到に準備をしていくことが重要です。

 

 

離婚が不幸なのかは、人それぞれの価値観

離婚が不幸なのかは、人それぞれの価値観

「結婚=幸せ」というイメージの裏返し
価値観の違いがあるからこそ、幸せの基準も違う

 

「結婚=幸せ」というイメージの裏返し

「結婚=幸せ」「離婚=不幸」というイメージも、常識的な考えから植え付けられただけです。

小さな頃から受けていた、世の中や企業による幸せな家族像のイメージ。

その方が商品が売れるからという背景がありながらも、そのイメージ像が当たり前のように感じています。

そしてその裏返しで離婚に対しては、人によっては人間性までもネガティブなイメージを連想されます。

 

  • 失敗
  • 残念
  • 問題のある人

 

「結婚=幸せ」という考えが定着してるからこそ、「離婚=不幸」が当たり前のように思われがちです。

 

価値観の違いがあるからこそ、幸せの基準も違う

物事への考え方や価値観は、人それぞれ違っています。

「結婚への喜び」と「結婚生活の幸せ」もまた、別物として考えられます。

 

  • 「喜び」というと、結婚の報告や結婚式などの外部からくる一時の感情
  • 「幸せ」は、お金やパートナーなどの特別な状況を指すものではない

 

実際にシングルファザーとして忙しい毎日の生活をしていても、自分が不幸だと思うことはありません。
これが強がりに聞こえたとしても、考え方や価値観は人それぞれ変わる部分。

自分たちが満足のいく毎日であれば、離婚後の生活にも幸せを感じることはできます。

 

 

離婚後が幸せになるかは、本人たち次第

離婚をして、幸せになるか不幸になるかは本人たちの問題。

人生の正解は自分が自分1人で決めればいいことであり、他の人の意見や考えに流されることではないです。

 

  • 自分の決断で離婚することを決めたか?
  • 他人の意見やイメージに判断を流されてないか?
  • 離婚後の生活に向けて準備をして決断したのか?

 

結婚生活という選択をしたのが自分であれば、離婚してからの生活でがんばるという選択をするのも自分。

そのための決断や準備によって、離婚後の生活が幸せかどうかは変わってきます。

 

子供の幸せについても、子供との生活をしていく上で見えてくることです。

離婚をして子供が幸せかどうか、それは子供たち自身たちが決めることです。

 

幸せだと感じる生活を送ることに、離婚も、ひとり親も関係ありません。

重要なことは、離婚後の生活も幸せになれるように考えてどれだけ準備をしていけるかです。

 

参考記事:【子供の気持ち】離婚で不安なのは大人以上|向き合い前向きに考える事が親の責任

 

タイトルとURLをコピーしました