スポンサーリンク

【ひとり親にとっての引っ越し】子供とのこれからの生活を考える大切さ

引っ越し

 

読者
読者
  • 離婚後に引っ越しする理由は?
  • ひとり親の引っ越し先は実家?
  • 引っ越しを決めた時にやることは?

 

離婚してひとり親となることで、その後の生活について考えます。

その時に考えるのは、引っ越しの理由や引っ越し先など、これからの生活をどうすればいいかで悩む人は多いです。

僕もシングルファザーとして、5歳の娘と2歳の息子の子育て中。
離婚直後は実家への引っ越しも考えていました。

しかし子供たちの環境の変化も考え、3人での生活を選択。
シングルファザーとして4ヶ月以上たって生活も安定した今、あらためて引っ越しについて考えました。

 

この記事の内容

  • 離婚後の引っ越しをする理由
  • 引っ越し先の考え方
  • 引っ越しを決意した時にやるべき事

 

この記事ではひとり親として引っ越しを考えてる人向けに、「引っ越しをする理由や考え方」「引っ越しをする時に必要なこと」を紹介しています。

ひとり親にとっての引っ越しは大きな決断です。

生活環境が変わるし、引っ越し費用もかかる。

ひとり親としての引っ越し先は、選択肢も限られてきます。

実家での子育てか、ひとりで子育てしていくか。
それぞれメリットデメリットは出てきます。

考えるべきことや、やらなければいけないことも多いです。

僕も離婚から期間が空いた今、あらためて引っ越しを検討しています。

引っ越しを考える理由も、その時々の環境や気持ちで考え方も変わってきます。
しっかり考え、焦って答えを出さないことも大事になってきます。

 

 

離婚後の引っ越しする理由

離婚後の引っ越しする理由

離婚後、ひとり親になった時に引っ越しを考える理由は人それぞれです。

大きく分けると、多い理由はこの2つ。

 

  • 引っ越しをするしかない場合
  • 生活環境を変えたい場合

細かい理由は、環境や生活によっても変わってきます。

 

引っ越しをするしかない場合

シングルマザーの場合、引っ越しをするしかない時が多いようです。

離婚後、元夫の家だから一緒に住むことができないなど理由もさまざま。

この場合、引っ越しのための期間が少なかったり、引っ越しの費用などの問題や悩みが出てきます。

 

生活環境を変える場合

離婚後引っ越しをして、子供たちとの新しい環境で生活を選ぶ人もいます。

選択肢としては、子供との新しい生活や、実家の助けを借りながらの子育て生活。

僕の場合も、シングルファザーになるにあたって、実家への引っ越しを考えた時もありました。

大きな理由は、シングルファザーとして子ども2人の子育てをしていくのに不安があったから。
仕事、家事、子育てをひとりでやっていくことへの不安でした。

結果的に、その時は引っ越しをしませんでした。
理由は、保育園が変わるなど、子供たちにこれ以上環境の変化をさせたくなかったからです。

参考記事:【子供の気持ち】離婚で不安なのは大人以上|向き合い前向きに考える事が親の責任

 

離婚後、新しい環境で生活をしていくのが必要な場合もあります。
事情によっては、それが子供のためである時も。

そんな中でも、子供の環境変化にも目を向けてあげることが大切になってきます。

 

 

引っ越し先の考え方

引っ越し先の考え方

ひとり親として、引っ越しを考えた時の引っ越し先で考えるのはこの2つ。

  • 実家
  • 新しい環境

これからのひとり親生活を考えた時に出てくる選択肢。

しかしそれぞれメリットやデメリットもあるので、それらも含めて考えていく必要があります。

 

実家の場合

ひとり親となったことで、実家の助けが必要になってくることは多いです。

実家に住むことで、ひとり親としての負担は大きく変わってきます。

 

実家への引っ越しのメリットは、

  • 生活費の負担
  • 家事の負担
  • いざという時にすぐに見てもらえる

 

ひとり親として、仕事、家事、子育てをひとりでやらないのは大きいです。
生活費なども安定し、子供に何かあった時もすぐに頼ることができます。

しかしその反面、実家で暮らすことで出てくるデメリットも。

 

実家のデメリット

  • 子育てへの考え方の違いのストレス
  • 子供にとって大きな環境の変化
  • 今までと違った生活環境

 

実家、家族だからといっても、子育てへの考え方は違ってきます。

実家というのは、あくまでもママやパパにとっての実家です。
子供たちからすれば、引っ越しと共に、今までと生活環境が大きく変わってきます。

僕の場合も、シングルファザーとしての不安から実家への引っ越しも考えました。

しかし保育園が変わったりという子供たちへの環境変化を考えて、実家への引っ越しはやめました。

その時の考えとしては、子供たちにとっては離婚だけでも生活環境が変わったのに、それ以上環境の変化をさせたくなかったからです。

 

新しい環境

ひとり親として、新しい環境に引っ越して生活をしていく場合もあります。

引っ越しをするしかない場合や環境を変える必要がある場合もあります。

 

そんな新しい環境のメリットは、

  • 新しく自分の生活環境を作れる
  • 自分のやりたいようにやれる
  • 気持ち的な部分

 

新しい環境へ引っ越しをすることで、新しい生活を始められます。
自分の生活しやすい環境を作ることができ、何よりも気持ち的にメリハリをつけることができます。

 

そんな新しい環境のデメリットとして考えられるのは、

  • 物件選びが難しい
  • 引っ越し費用などの費用面
  • すべてひとりでやる必要がある

 

引っ越しをするためには、新しい物件を選ばなければいけません。
ひとり親としての生活直後に費用面なども考えると、選択肢は限られてきてしまいます。

そして慣れないひとり親生活の中で、引っ越し作業などをひとりでやっていく必要があるのもしっかりと考えるべき理由になります。

 

 

引っ越しを決意した時にやるべき事

引っ越しを決意した時にやるべき事

まずは引っ越しする理由をしっかり考える

引っ越しをして新しい環境というのは、大きな決断になってきます。

引っ越しをやむを得ない場合は変わってきますが、それ以外の場合、思いつきや衝動的にならないようにするのが大切です。

ひとり親としてのこれからの生活にも大きく関わってくるから。
その引っ越しが、自分と子供にとって最善の選択なのかを考える必要があります。

ひとり親として新しい生活を始めていく上で、1番最初にしっかり考える必要があります。

 

これからのひとり親としての生活を考える

これからのひとり親としての生活を、しっかりイメージとして考えるのが重要。

引っ越しを考えるのであれば、実家にするか新しい環境にするか。

実家の場合は、「子供と生活していく環境として適しているか?」、「子育てへの親との距離感も考えているか」など。

新しい環境の場合、「理想の生活環境に合う引っ越し先をイメージできているか」「引っ越しにかかってくる費用もちゃんと考えているか」なども必要になってきます。

 

4ヶ月たって引っ越しを決断

僕の場合、離婚直後に考えていた実家への引っ越しはやめました。
まずは娘が保育園卒園までシングルファザーとしてやってみようと考えたから。

シングルファザー として4ヶ月たった今、あらためて引っ越しを考えました。

 

今回引っ越しを決断した理由はいろいろ。

  • 子供たち2人との生活も慣れてきた
  • 子供たちも今の環境に慣れてきた
  • 生活にかかってくるお金も見えてきた
  • この先を考えて生活費を見直した

 

引っ越しをする上で、子供たちの生活環境を変えたくはありませんでした。
なので、保育園も今まで通りに通える距離で検討。

離婚直後はひとり親としての大変さを不安に思って考えた引っ越し。
今では、自分と子供たちとのこれからの生活を考えて引っ越しを決めました。

 

 

ひとり親としての引っ越しまとめ

ひとり親としての引っ越しまとめ

ひとり親として引っ越しを考える理由は、人それぞれです。
引っ越しをしなければいけない場合もあれば、新しい生活環境を求めての引っ越しもあります。

実家へ引っ越すことでひとり親としての負担は減りますが、子育ての環境としてはむずかしい時もあります。
新しい生活環境を求めるのなら、自分の好きなようにやれる分、引っ越しや生活にかかってくる費用などの問題も出てきます。

引っ越しをする上で大切なのは、これからのひとり親としての生活をしっかり考えイメージすること。
「自分がこれから子供たちとどんな生活をしていくのか」を考えて答えを出すことが重要です。

引っ越しを考える理由も、その時々の環境や気持ちで考え方も変わってきます。
しっかりと考え、焦って答えを出さないことも必要となってきます。

タイトルとURLをコピーしました