スポンサーリンク

【生活コストの見直し】お金の不安を無くす方法と見直して得られるもの

生活費

 

読者
読者
  • お金への不安を無くしたい…
  • 生活費を下げるためには節約?
  • 生活費を下げるメリットは?

 

毎月の生活費や将来の資金作りなど、お金への不安や悩みを抱えてる人は多いです。

僕もシングルファザーとして、5歳の娘と2歳の息子の子育て中。

ひとり親としての生活を始めたことで、お金についての知識も勉強するようになりました。
その第一歩として始めたのが、子供たちの将来を考えての生活費の見直しです。

 

この記事の内容

  • お金の不安を無くすための方法
  • 生活コストを下げるというのは
  • 生活コストを下げる事で得られるもの

 

この記事では、これからの生活でお金への不安を持つ人向けに、「生活コストを下げるための方法」「生活コストを下げて得られるメリット」について紹介。

お金への不安を無くすためには、稼ぐよりも先に支出を減らすことが大事になります。

毎月の生活費を下げることで、収入が変わらなくても生活は変わってきます。

そのために必要となるのは、本当に必要な物を見分ける力や固定費などの見直しです。

その結果、生活にかかってくるお金も減ってきます。
子供の教育費や老後の資金のためにお金を回すことができるので、将来のお金への不安も減らすことができます。

 

 

お金の不安を無くすための方法

お金の不安を無くすための方法

収入を増やして稼ぐ

生活費のために多く働いて、収入を増やすことでお金への不安を無くす方法。

残業や副業など、労働時間を増やすことで収入を増やしていきます。

しかし僕の場合、ひとり親として働ける時間には限界があります。

労働時間を増やして収入を増やそうとしても、働ける時間は限られる。
ひとり親の場合、それ以外にも家事や子育てなどやる事は多いです。

そんな僕の環境を考えた場合、あまり現実的ではありませんでした。

 

毎月の生活費を下げる

お金の不安を無くす方法として、毎月の生活にかかってくるコストを下げる方法もあります。

収入面が変わらなくても、生活は変わってきます。

毎月の生活費に余裕ができることで、気持ちにも余裕が出てきます。

決して生活の質を大きく落とすわけではなく、必要のなさそうなものを削る。
気持ちに余裕が出てくることで、他に目を向けられるのも大きなメリットになります。

 

 

生活コストを下げて必要なものを見分ける

生活コストを下げて必要なものを見分ける

こまかな節約ではない

生活コストを下げるといっても、こまかな節約をすることではありません。

毎月かかってくる固定費を下げるのが大きな目的。

家、車、保険、通信費など、1度見直すことでその先の生活でずっと成果が出てきます。

こまめな節約を意識し続けるよりも、毎日の生活の中で気持ちに余裕があります。
ひとり親として忙しい毎日だからこそ感じるのは、気持ちの余裕が1番必要。

最初に見直すだけで、無意識に節約の方向へ行けるのは大きいです。

 

本当に必要なものを見分ける

生活コストを意識することで、物を「値段ではなく価値」で判断するようになります。

価値というのは「欲しい、欲しくない」ではなく、「必要か、必要でないか」。

物の価値を判断するようになったことで、浪費が減り、必要なものだけを買ったりとメリットも出てきます。

生活コストのために取捨選択することで、自分の生活に本当に必要なものがわかってきます。

 

 

生活コストを下げる事で得られるもの

生活コストを下げる事で得られるもの

貯金の余裕

生活コストが下がることで、貯金がしやすくなります。

ひとり親として考えるべき、子供たちの教育費。
貯金に回す余裕ができることで、子供たちの教育資金への不安や心配も軽くなります。

ひとり親の場合、毎月の生活費を考えるだけでも大変な場合があります。

そんな時に生活コストの見直しをすることで、子供たちの教育費へ目を向けられ、気持ちの余裕が出てきます。

 

老後資金としての備え

ひとり親として考えるのは、子供たちの教育費と共に、老後の生活。

子供たちの教育費の方が先に必要となり、その後は子供たちが自立した後の生活も考えていかなければなりません。

今から生活コストを低く意識することで、老後の生活も変わってきます。

生活コストを下げることで、これから必要となってくるお金も減らすことができます。

 

 

生活コストの見直し お金の不安を無くす方法とメリットまとめ

生活コストの見直し お金の不安を無くす方法とメリットまとめ

お金への不安を無くすためには、稼ぐよりも先に支出を減らすことが大切になってきます。

毎月の生活費を下げることで、収入が変わらなくても必要な生活費は変わってきます。

そのために必要なのは、本当に必要な物を見分ける力や固定費などの見直しです。

その結果、生活にかかってくるお金も変化。

子供の教育費のために貯金をしたり、老後の資金のためにお金を回すこともできるようになります。

これから必要になってくるお金を減らすためにも、生活コストの見直しは必要。
気持ちに余裕が出てくることで、見えないお金への不安も減らすことができます。

タイトルとURLをコピーしました