スポンサーリンク

【3歳の息子が大ハマり】ゼンカイジャー2~8話の感想|いよいよ出てきたお祭り感

スーパー戦隊
  • 機界戦隊ゼンカイジャーの感想は?
  • 歴代の戦隊は出てくるの?
  • 子供も楽しめる戦隊なのかな?

 

最初はあまりお祭り感のなかった、スーパー戦隊シリーズ45作品目の機界戦隊ゼンカイジャー。

しかし話が進むごとに、歴代戦隊の要素が出るようになってきました。

 

僕はシングルファザーとして、6歳の娘と3歳の息子の子育て中。

YouTubeでの海賊戦隊ゴーカイジャーをきっかけに、親子でスーパー戦隊シリーズを観るようになっています。

特に、3歳の息子は年齢的な部分もあって今が戦隊モノの大ブーム。

親子そろって、毎週のように楽しみにゼンカイジャーを観ています。

 

 

この記事の内容

  • 少しずつ話が進んだ、2~6話の感想
  • 新キャラ登場など、話の展開が急加速した7,8話
  • 何の情報もない中で追加キャラが登場

 

この記事では、親子でゼンカイジャーの第2~8話までを観てきた感想と、これからのお祭り戦隊要素について考えていきます。

参考記事:【機界戦隊ゼンカイジャー第1話】親子で観た感想|ゴーカイジャーと異なる世界観

 

 

ゼンカイジャーも8話まで進んだことで、子供たちも期待していた歴代戦隊要素が出てきました。

敵側にもギアが存在していたり、今までの戦隊が敵側として登場したり。

それが戦隊だけでなく、歴代のロボットまで登場するのは予想外でした。

 

何よりも親子で気になったのは、ゴーカイジャー要素です。

想像していなかった追加キャラの登場変身のモチーフがゴーカイジャーだった部分。

ゴーカイジャーがきっかけでスーパー戦隊にハマった3歳の息子にとっては、驚きの連続だったみたいです。

まだまだ話は序盤ですが、これからの展開にも期待できる内容になっているのが楽しみな部分です。

参考記事:【海賊戦隊ゴーカイジャー】45番目が登場した今観るべき理由|歴代の戦隊が魅力

 

 

 

少しずつ話が進んだ、2~6話の感想

少しずつ話が進んだ、2~6話の感想

「やっと5人そろった」ゼンカイジャー

「やっと5人そろった」ゼンカイジャー

4話目でやっと、5人そろって機界戦隊ゼンカイジャーになりました。

1話からそれぞれのキャラクターのエピソードがあり、徐々に人数がそろっていく展開。

最初はブルーンが敵側にいたのには、何か理由があるのではと考えていました。

しかし敵側にいたことに深い理由はなし。
ただの興味本位で、敵側の掃除係をやっていただけでした。

映画の中では5人そろっての名乗りはありましたが、テレビでは4話目にしてやっと。

やっぱり戦隊モノは、全員そろっての名乗りが魅力のひとつ。

3歳の息子は、覚えてさっそくマネし始めています。

 

ギアトリンガーを作った、カイトの両親の存在

ギアトリンガーを作った、カイトの両親の存在

4話目の終盤で、介人(カイト)の両親の存在にも触れ始めました。

敵側にいたブルーンが、敵側の研究室で同じ名前を聞いたことあるというのがきっかけ。

敵側の研究室にいるのかなど、生存に関してはまだ不明です。

それでも可能性を信じる介人は、反省をしながら「大事な物は全て守る」ということを決意。

介人の両親は、ギアトリンガーなどゼンカイジャーの変身のきっかけを作ったほどの人物たち。

この先の物語の中で、関わってくるのは間違いなしです。

 

トジルギアからの解放で、歴代戦隊が登場すると思っていた

トジルギアからの解放で、歴代戦隊が登場すると思っていた

話の中では、トジルギアという敵側のギアについても触れ始めました。

敵を倒すことで解放されていく、ギアに閉じ込められた並行世界。

そしてこれを発見したのは、敵側でお掃除係をやっていたブルーンです。
そのせいで口止めのため狙われ、ゼンカイジャーの仲間になるという展開。

これからどんどん、トジルギアに閉じ込められた世界を解放していくのかが気になるポイント。
この話を観た時は、解放される世界にレジェンド戦隊が絡んでくると思っていました。

そして敵側も、ギアトリンガーを参考にしてギアトジンガーを作成。

ギアに閉じ込められた並行世界が、どうやって解放されてどう絡んでくるのかが気になる部分になってきます。

 

 

新キャラ登場など、話の展開が急加速した7,8話

新キャラ登場など、話の展開が急加速した7,8話

ステイシーの登場で、お祭り要素が出てきた

ステイシーの登場で、お祭り要素が出てきた

7話からは、いよいよお祭り戦隊感が出てきました。

ギアトジンガーという、敵側の変身武器が登場。
敵がギアを使って暗黒チェンジをすることで、ステイシーザーに変身をしました。

何よりも気になったのは、ステイシーザーの見た目です。
モチーフは、2番目の戦隊にあたるバトルフィーバーJに出てきた、バトルジャパン。

ここにも歴代戦隊の要素が入ってきました。

またギアトジンガーのすごさは、歴代戦隊や歴代ロボットを登場させることができること。

お祭り戦隊には欠かせないキャラクターが、7話という序盤からハデに登場してきました。

 

敵側なのは戦隊だけでなく、ロボットも箱から登場

敵側なのは戦隊だけでなく、ロボットも箱から登場

7話では、まさかの敵側として歴代戦隊が登場してきました。

ゴーカイジャーのバスコのような感じで、歴代の戦隊を召喚してきます。

予想の上をいっていたのが、歴代ロボットまで出てきたことです。

歴代ロボットの敵側での登場は、ゴーカイジャーにはなかった部分。
ロボットの登場が、パッケージの箱からというのも気になってしまうポイントでした。

子供的には、知らない昔のロボットでも勢ぞろいだけで迫力満点。
観ていて興奮するポイントにもなっていました。

7話の最後で、やっと倒したのにさらにロボットが追加される絶望感もすごかったです。

 

 

何の情報もない中で追加キャラが登場

何の情報もない中で追加キャラが登場

ゴーカイがモチーフの追加キャラは予想外

ゴーカイがモチーフの追加キャラは予想外

8話の予告で、さらに新しい追加キャラが登場したのは驚きでした。

その前の予告でも、ステイシーの登場はわかっていたけど、ステイシーザーへの変身は予想外。

そして8話の予告では、2週連続で新たなキャラクターの追加。
こっちは何の伏線もありませんでした。

そして新しいキャラクターの見た目のモチーフは、ゴーカイジャー。

ゴーカイジャーも35番目の記念作品。
いつかは絡んでくるのを期待していましたが、序盤からこんな形で絡んでくるとは。

 

さらに驚きだったのは、おもちゃの情報も当日に解禁されたことです。

おもちゃの発売日も、発表されてから翌週という早さ。
よく何の情報も洩れなかったなぁと思ってしまうほど。

歴代戦隊やロボットの登場だけでも予想外でしたが、2週連続で追加のキャラがくるのも驚きでした。

 

3歳の楽しみは、出てきた戦隊を本の中から探すこと

ゴーカイジャーからスーパー戦隊にハマった3歳の息子は、ゼンカイジャーもお気に入りです。

プレゼントであげたギアトリンガーを使って、毎回のようにマネをして遊んでいます。

特にゴーカイモチーフの、ツーカイザーが出てきてからはさらに。
大好きなゴーカイジャーが絡んできたことで、今まで以上に気になっているようです。

ゴーカイジャーの時と同じように、このお祭り感は子供にとっても大当たりのようです。

大人としても、子供といっしょに懐かしさで観れるのは楽しめるポイント。

3歳の息子の場合、毎回出てきた戦隊を本の中から探しています。

 

 

これからどれだけのキャラと戦隊が登場するのかに期待

これからどれだけのキャラと戦隊が登場するのかに期待

機界戦隊ゼンカイジャーには、これからも予想外の展開を期待しています。

話の展開や、予告だけでは予想できないようなキャラクターの登場など。

 

  • 敵側の追加キャラが変身
  • 歴代戦隊の登場
  • 歴代ロボットが箱から登場
  • 2週連続で追加キャラ
  • 見た目のモチーフ

 

2~8話だけでも、これだけの要素がありました。

そして物語としてはまだまだ序盤です。

これから先の話の方が長くなってくるので、どれだけのキャラが出てきてどれだけ歴代の戦隊と絡んでくるのかが楽しみになってきます。

 

ただ怖いのは、おもちゃのペース。
最初の変身アイテムからすぐに次の変身アイテムが登場しました。

スーパー戦隊に大ハマりの3歳の息子だからこそ、欲しがるのは間違いないのが不安要素です。

タイトルとURLをコピーしました