スポンサーリンク

【ちょっとした意識の変化】ひとり親として未然に防ぐための子供の体調管理

経験

 

読者
読者
  • 子どもの体調管理が大変だ…
  • 仕事休まなきゃいけなくなる…
  • みんなどうやって気を付けてるんだろう?

 

子育てで大変なのは、子どもの体調管理です。

子どもに元気でいてもらうためにはもちろん。
ひとり親として、万が一の時は仕事を休んだりしなければいけないという不安も出てきます。

 

僕はシングルファザーとして、6歳の娘と3歳の息子の子育て中。

病院での仕事をしながら、ひとり親として2人の子供との生活ということで、体調管理をより意識するようになりました。

もちろん子どものためでもあり、自分の仕事のためでもあります。

シングルファザーになって、体調管理への意識が変わっただけでも、子供たちが体調を崩すことがほとんどなくなりました。

 

 

この記事の内容

  • ひとり親になる前と後
  • 仕事を休まないための意識
  • 仕事を休まないための意識

 

この記事では、シングルファザーになる前と後での「体調管理への意識の変化」

ひとり親として、「体調管理を意識する理由」「ちょっとした意識の変化でも得られた成果」について紹介。

 

親として、子どもの体調管理を考えるのは大切です。

そんな体調管理を気にする上で、毎日のちょっとした意識も大切になってきます。

 

僕はシングルファザーとしての生活が始まるまでは、子供たちの体調管理にそこまで意識はしていませんでした。
しかしこの生活が始まったことで、環境も変わり、子供たちの体調や気持ちをより意識するようになりました。

それは子供たちのためでもあり、ひとり親として万が一の時は仕事を休まなければいけないという環境もあります。

子供たちのために仕事を休むのは当たり前だと思うと共に、そうならないための毎日の生活も大切です。

 

  • 部屋の室温を気にする
  • 食事の栄養面
  • 寝る時の格好や布団
  • 冷房下でのパジャマ
  • 風邪かなと思ったら市販薬

 

このちょっとした意識の違いだけでも、シングルファザーになってから一度も保育園から呼ばれていません。

 

もちろん子供たち自身の強さでもあり、誰でも当てはまることではないです。

しかし今まで以上に体調管理を気にする世の中だからこそ、ほんの少し意識をするだけでも毎日の生活への不安をなくすことができます。

 

 

ひとり親になる前と後

ひとり親になる前と後

どっちかが休めるという環境

ひとり親になる前も、もちろん子供の体調は気にしていました。
それは親として当然な部分。

それでも、万が一の時はどちらかが仕事を休めるという考えがありました。

保育園に呼ばれたとしても、どちらかがお迎えに行き、どちらかが仕事を休んで看病。

そんな環境だったのもあり、そこまで子供たちの体調管理を意識しているわけではありませんでした。

 

万が一のときのハードル

ひとり親として子供たちとの生活を始めたことで、体調に関して今まで以上に意識するようになりました。

今までとは、生活環境が違うからこその意識。

もし子供たちに何かあった時、子供たちのそばにいてあげるのは当然だという気持ち。
そのためであれば、当たり前に仕事を早退したり、休んだりする必要があります。

だからこそより一層、子供たちに体調の変化が起きないように意識する必要が出てきました。

 

 

仕事を休まないための意識

仕事を休まないための意識

子供たちのからだのため

体調管理を気にする1番の理由は、子供たち自身のため。

風邪をひいた時や熱が出た時のつらさは知っています。
そんな思いを子供たちに少しでもさせないように。

冬場はインフルエンザであったり、今は世の中的にコロナも心配になってきます。

自分がなったら大変なのがわかっているからこそ、子供たちも気をつける必要があります。

 

仕事を休むことになる

ひとり親として、子供が体調不良になることで、仕事や保育園にも影響が出てきます。

子供たちのために、もしもの時に仕事を休むのは当然。
シングルファザーとして、そこは大切にしていきたい部分だからです。

しかし仕事や保育園を、休まないに越したことはないです。
仕事で早退や休みを取るとなると、ひとり親としての生活にも関係してきます。

ひとり親になる前に、どちらかが休めればと考えていた時とは環境が違う。

子供たちを含め、毎日の体調管理を意識し、未然に防ぐことが大切になります。

 

 

ちょっとした意識の変化

ちょっとした意識の変化

自分の中での意識の変化

風邪をひかないようにするという意識のおかげで、今まで以上に目を配れるようになりました。

もちろん気にしすぎ、やり過ぎ、過保護になりすぎない範囲で。
ただでさえ忙しい生活の中で、過剰な意識は返ってストレスにもなってしまうからです。

 

  • 部屋の室温を気にする
  • 食事の栄養面
  • 寝る時の格好や布団
  • 冷房下でのパジャマ
  • 風邪かなと思ったら市販薬

 

細かい部分だとしても、ひとり親として子供たちの体調を崩させないように意識するようになりました。

 

大切なのは気にすること

ほんのちょっと意識するだけでも、注意して子供たちの様子を見るようになります。

結果論になりますが、シングルファザーとしての生活を始めてから、僕も子供たちも熱を出したりしていません。

なので保育園から呼ばれて、仕事を休んだりもありませんでした。
コロナの影響で今まで以上に意識している部分もあると思います。

少なくとも意識し始めて、子供たちのちょっとした変化にも気づけるようになったは大きいです。

ひとり親として困る状況を想定して、意識して変えていくことが重要になってきます。

 

 

ひとり親として未然に防ぐための子供の体調管理 まとめ

ひとり親として未然に防ぐための子供の体調管理 まとめ

親として、子どもの体調管理を考えるのは大切。

そんな体調管理を気にする上で、毎日のちょっとした意識が大切になってきます。

 

シングルファザーとしての生活が始まったことで、生活環境も変わり、子供たちの体調や気持ちをより意識するようになりました。

それは子供たちのためでもあり、ひとり親として万が一の時は仕事を休まなければいけないという環境のため。

子供たちのために仕事を休むのは当たり前だと思うと共に、そうならないための毎日の生活が大切です。

 

  • 部屋の室温を気にする
  • 食事の栄養面
  • 寝る時の格好や布団
  • 冷房下でのパジャマ
  • 風邪かなと思ったら市販薬

 

ちょっとした意識の違いだけでも、シングルファザーになってから一度も保育園から呼ばれていません。

コロナの影響でさらに気にしている影響もあるかもしれません。

もちろん子供たち自身の強さでもあり、個人差があることなので、誰でも当てはまることではないです。

しかし今まで以上に体調管理を気にする世の中だからこそ、ちょっと意識をするだけでも、毎日の生活への不安をなくすこともできます。

タイトルとURLをコピーしました